大 切 に し て い る こ と

 がんに冒されていたマツさんはその後療養に過ごされますが「自分の亡き後は鎌倉の子どもたちのために役立ててほしい」「夫の名前の二文字を園名に」と遺言され、ご自宅の土地建物のほか資産すべてを寄託されました。これを元に民間の保育施設「富士愛育園」が設立されて今日に至ります。
 富士愛育園は創立以来マツさんのお気持ちに沿うよう一人一人のお子さんに寄りそった保育を行って来ました。歴史と風土に育まれた地鎌倉で大切な乳幼児期を過ごすことがお子さんにとって後々の力となるよう、ご一緒に成長を見守って行きましょう。

施 設 の 概 要

うつくしいこころと つよいからだは わたしのたから

 富士愛育園は昭和28年鈴木マツさんという一人の女性のご寄付によって始まりました。マツさんのご夫君富士弥さんは弁護士として活動ののち代議士となって国政の中枢に携わり、大戦中から終戦に続く混乱の時代には第二代鎌倉市長を務めましたが、激務のなかで体調を崩して逝去され、夫妻には子どもがなかったためマツさんが一人残されることになりました。

 名  称   富士愛育園(私立認可保育所)
 運  営
 
 
  社会福祉法人 富士愛育会
  理事長 松井幸子
  施設長 藤本 俊(園長)
 設置場所   鎌倉市材木座6丁目8-20
 電  話   0467-22-3465
 定  員   116名
 受入月齢   生後3ヵ月から
 アクセス


  鎌倉駅から京浜急行バス
  小坪経由逗子駅ゆき 約10分
  光明寺下車 徒歩2分
ご見学の方

このウェブサイトに表示されるすべてのコンテンツは法律で保護されています。その目的や意図、あるいは量の多少に関わらず、当園に無断で再利用することを禁じます。

災害時の園と園児の状況をお伝えする手段のひとつとしてツイッターを利用します。保護者の方はフォローをお勧めします。

地図のページへ
保育のページへ

書式ダウンロードのページへ
苦情解決のページへ
えんのようす
地域とともに
 リクルート
経営のページへ
養老先生
ふじの会
今日の給食
おしらせ
お散歩マップ
災害時の対応
内部デッキと回廊

当園は平成27年度施行の「子ども・子育て支援新制度」にある保育を必要とするご家庭のお子さんをお預かりし、キリスト教(カトリック)の教えを基本として、園のことばとする「うつくしい心とつよい身体」を育みます。
また当園ではお子さんの育成にあたって三つの『かかわり』を大切にしています。
神様とのかかわりでは「お祈り」を、人とのかかわりでは「挨拶を忘れず親切や我慢ができること」を、自然とのかかわりでは「五感を使って自然の恵みを感じること」を大切にしながら、一日一日丁寧な保育を心がけて参ります。

Copyright© Fujiaiikuen 2009-2021. All rights reserved.
All contents in this website are protected under international law.

平成22年6月1日以降、通算 人の皆さまにご覧いただきました。
富士愛育園をフォロー