指揮者紹介

玉置勝彦 Katsuhiko Tamaki, conductor laureate

玉置勝彦
 コンセール21管弦楽団 桂冠名誉指揮者。1960年東京芸術大学を卒業、東京交響楽団に入団。1962年芸大専攻科修了。同大学講師となる。その後読売日本交響楽団に入団、芸大講師を辞職。 独奏、室内楽の分野でも、リサイタル、放送等で活躍。1966年渡独、ニュルンベルグ交響楽団第一主席ヴィオラ奏者となり、その後ニュルンベルグ市立歌劇場メンバーとなる。 ヴィオラをG.シュミット氏に、ヴァイオリンをW.シュタフォンハーゲン氏に師事。1970年東京フィルハーモニー交響楽団首席奏者となる。1973年同交響楽団を退団。
 指揮法を故渡邉暁雄氏に師事し、東京エラート室内管弦楽団、コンソートフィルハーモニックアンサンブル、コンセール21管弦楽団指揮者をつとめる。また、日本フィルハーモニー交響楽団、 東京都交響楽団、東京交響楽団、東京メトロポリタン室内アンサンブル等に客演指揮。この他、東京アマデウス管弦楽団の指導を30年にわたり行った。
 一方、ヴァイオリン、ヴィオラの教師として数多くの職業演奏家およびアマチュア演奏家の育成に努力している。そのほか、東京大学音楽部管弦楽団の指導を18年にわたって行った。 1992年ウィーン楽友協会主催による東京アマデウス管弦楽団公演をウィーン・ムジークフェラインザールにおいて指揮。
 1995年、ミュンヘン・ゲルストナープラッツ歌劇場第一コンサートマスター、アルフレッド・ショッパー氏、カルルスルーエ歌劇場主席チェリスト、デトマール・テツラフ氏、 東京芸大ピアノ科教授、小林仁氏らと室内楽グループ「ニュールンベルグ・ムジーク・コレーゲン」を結成。指揮活動と平行し、ヴィオラ奏者としての演奏活動に復帰、国内演奏旅行で各地にて公演。 この後もドイツ・オーストリアに於ける同グループによる演奏旅行や、お茶の水のカザルスホールでの演奏会と続けて好評を博している。
 1991年9月よりコンセール21管弦楽団音楽監督に就任。かねてより病気療養中のところ、2014年7月20日第47回定期演奏会にて、アンコールでブラームス交響曲第4番3楽章を指揮。同年9月21日永眠。
(注:当該経歴はWikipediaに引用された。)

藤崎 凡 Bon Fujisaki, conductor

藤崎凡
 1957年東京生。慶應義塾大学文学部を卒業後、桐朋学園大学音楽学部にオーケストラ研究生(指揮専攻)として入学。 在学中指揮を秋山和慶、小澤征爾、尾高忠明、高階正光、J.フルネの各氏に、ピアノを池田素子氏にそれぞれ師事。1986年3月に同課程を修了。  同年宮城フィルハーモニー管弦楽団(現・仙台フィルハーモニー管弦楽団)の指揮者オーディションに合格し、演奏活動を開始。
 1988年にはアメリカのタングルウッド・ミュージックセンターに留学、L.バーンスタイン、G.マイヤー等のクラスで研鑽を積む。帰国後は創設間もないオーケストラ・アンサンブル金沢に招かれて多くのコンサートを指揮するとともに、新しいオーケストラの基盤づくりに貢献。
 その後群馬交響楽団と約3年間ほど子供のためのコンサートを行なったほか、2000年までは洗足学園大学、同魚津短期大学の講師も務めた。
 現在は各地のオーケストラ、オペラ、合唱団に招かれて多くのコンサートを行う一方、各地でクラシック音楽の普及のためのアートマネージメントやコンサートプロデュースにも積極的に取り組んでいる。


メインメニュー

サブメニュー