本文の開始

(株)イチロク 千葉県 - フッ素樹脂コーティング加工

フッ素樹脂コーティング加工・フッ素樹脂ライニング加工・回転成形・合成樹脂製品なら
千葉県八街市にある株式会社イチロク。

トップページ > 事業内容 > フッ素樹脂コーティング加工

フッ素樹脂コーティング加工

一般的に1000μm未満の膜厚をコーティング加工と称し、1000μm以上をライニングと称します。

塗装ガンにより、被コーティング機器(以下 基材という)に吹付け塗装と焼成を繰り返してコーティング施工する加工です。

粉体塗装(主に耐食目的)とディスパージョン塗装(主に非粘着目的)があり、ディパージョン塗装+パウダー加工や導電フッ素樹脂コーティング等も実績を積み重ねています。

粉体塗装法

パウダーを静電塗装機にて塗布し焼成を行う方法です。
塗装&焼成の回数にて膜厚管理をします。

原料 仕様 膜厚 特色・備考
ETFE クリアー 100〜200μm ETFE樹脂1層コーティングPr無し
カーボン入り 100〜1500μm 使用時の密着力UP、TOPクリアー
着色グレード 200〜500μm 赤或いは黄色(絶縁工具、メッキ治具等)
Pr仕様 100〜1500μm 黒色Prの為、外観色黒色
PFA 乳白クリアー 50〜300μm 透明用Pr+クリアー、硝子防爆用
ライトブラウン 80〜500μm 耐食・非粘着用一般グレード
グレー 100〜500μm 高耐食・非粘着用
ブラック 80〜1000μm 耐食・非粘着用エコノミーグレード
ホワイト 50〜300μm 中間層白色+TOPクリアー(耐食用)
帯電防止 50〜500μm 白色帯電防止グレード
複合 ブラック 300〜1000μm PFA+FEP樹脂、耐浸透性に優れる
FEP グリーン 60〜200μm 非粘着・耐食用
ブラック 100〜300μm 非粘着・耐食用、ガスバリアー性良好

PFAコーティング 写真

ピンホール検査

ETFEコーティング 写真

膜厚検査

ディスパージョン塗装法

株式会社イチロクでは、薄膜コーティング原料を下記に絞り、より細かな対応が出来るように心がけております。

薄膜コーティング(ディパージョン塗装)は、パウダーコーティングに比較して安価なコストでフッ素樹脂特性が得られる施工法です。

薄膜コーティングの特色 FEP※1 1コート系コーティング
離形性 耐熱性 導電性 耐食性※2
膜厚15〜30μm グリーン グレー
食品関係(FDA) 不適 不適
焼成温度 380℃ 400℃ 345℃ 180℃
耐摩耗性 -
耐食性 -
低荷重すべり性
離型性 -
密着性
導電性 - - -
硬さ -
耐熱性 -
絶縁性 - -

※1 TOP層にパウダーコーティング(PFAorFEP)を重ねる事が可能です。
パウダーを塗装する事により、耐食性や絶縁性を向上させます。
※2 最大膜厚100μm程度迄コーティングする事が可能です。

このページのTOPへ


ページの終了