医療法人社団ゆい在宅ホスピスケアクリニック医療法人社団ゆい在宅ホスピスケアクリニック

在宅ホスピスケアの御案内
パリアティブ・ケア(緩和医療)
 在宅ホスピスケアの実際
在宅ホスピスケアと入院の違い
 院長の挨拶
看護師からのメッセージ
お問い合せ
HOME


看護師からのメッセージ

以前は患者様が在宅で療養したいと願っていても、それを受け入れサポートする医療チームが少なく、又、在宅で療養できたとしても、癌末期である特徴に応じた治療や看護も少なかったのではないでしょうか。

しかし、最近は患者様が治療を選ぶ時代となってきています。
患者様は、今迄どんな経過をたどり、どんな治療法があり、結果どうなるのかを知り、その上で入院を継続するのか、自宅で療養したいのかを選択する権利があります。

実際に訪問看護に携わっていますと、癌の末期の患者様だけではなく、寝たきりで経管栄養をされている方や、高齢で家族が主となり介護をする中、風邪を引いて調子の悪くなられる方、脳硬塞後の片麻痺があり、リハビリをされる方など、慢性疾患の方や、高齢の方が主流でした。
そのような患者様の訪問看護を行なっている中、在宅で看取る場合がありましたが、状態の悪化がみられた場合には、患者様・御家族に今迄の経過と治療法と予測される症状等説明し、入院するか、在宅で看取るかの確認をしていました。ほとんどの方が在宅で看取る事を希望され、在宅で看取る事となりました。

その場面を経験して感じた事は、癌の末期だからでなく、どんな患者様にも、どう治療したいか、どう生きたいか、どう死にたいかを選択する権利があり、その選択に応じてケアする必要があるという事です。
癌の末期の方、慢性疾患の方、高齢な方、それぞれ病気や立場が違っても、どう生きたいか、どう死にたいかを選択し、それに合わせたケアをするという事は、みな同じだと思います。

しかしながら、癌という疾患には特殊性があり、患者様に合わせたケアを行なうには、在宅末期医療に対する専門性が不可欠となります。
特に慢性疾患とは異なる、肉体的苦痛・精神的苦痛・社会的苦痛・霊的苦痛の全人的苦痛が患者様のQOLを低下させます。
この全人的苦痛をいかに取り除き、質の高いケアを提供できるか。
それが私達に求められる最大の使命といえるでしょう。
それらのことを念頭に、患者様・御家族をサポートしていきたいと考えております。



医療法人社団 ゆい
トータルケアクリニック
  東京都江戸川区西小岩1丁目25番15号 サシバビル1F
  TEL:03-5612-5188  FAX:03-5693-5188
  Mail:total@bb.wakwak.com
 

  訪問看護部へまずは御相談下さい。
  TEL:03-5612-5188

 

Copyright (c) 2003 Home Hospicecare Clinic YUI All Rights Reserved.