医療法人社団ゆい在宅ホスピスケアクリニック医療法人社団ゆい在宅ホスピスケアクリニック

在宅ホスピスケアの御案内
パリアティブ・ケア(緩和医療)
 在宅ホスピスケアの実際
在宅ホスピスケアと入院の違い
 院長の挨拶
看護師からのメッセージ
お問い合せ
HOME



在宅ホスピスケアと入院の違い

自宅入院
癌という疾患を持ちながらにして、入院という方法をとらず、我が家にて病院と同様のケアを受けられます。もちろん、痛みのコントロール、その他の症状のコントロール、又、これから起こる可能性のある症状の出現をできる限り予測し、説明し、対処していきます。
例えば、自宅での点滴、在宅酸素、PCAポンプ(痛みをコントロールする機具)の使用も可能であり、介護力の心配にも配慮致します。

その人らしく生きる
入院生活は、いわゆる団体生活ですので、消灯時間、食事内容、食事時間、トイレ、お風呂の共同、又、自分の部屋でありながら、色々な人(Dr、Ns、助手、お見舞いの人、隣の人等)の出入りがあり、制約された環境を余儀なくする事となります。その点我が家は、当然の事ながら、今迄生活していた場所である為、制約を受ける必要がありません。
自分の思うままの生活を誰に気兼ねする事なく、好きな時間に好きな物を食べ、好きな時間に眠り、好きな音楽やテレビを存分に楽しみ、自分らしく生活する事ができます。

信頼する家族有人と過ごす
我が家にいるだけで、当り前の事ですが、家族と共に毎日を過ごせます。「今日は何時に来てくれるのか」と心配したり、見舞に来れない日があってさみしい思いをする事はありません。家族にとっても、家に帰れば、その人がいてくれるだけで安心でき、ケアへの参加や精神的な支えとなるでしょう。

仕事家庭内での役割を行える
今迄してきた仕事を身体が可能な限り、継続する事ができます。
たとえ体が不自由となり、仕事や家事等できなくなったとしても、家にいてくれるだけで、夫として、妻として、父として、母としての家庭内での役割を十分はたす事となるでしょう。
そして、お互いの顔を見られる事で安心し、心の支えとなるのではないでしょうか。
医療法人社団 ゆい
トータルケアクリニック
  東京都江戸川区西小岩1丁目25番15号 サシバビル1F
  TEL:03-5612-5188  FAX:03-5693-5188
  Mail:total@bb.wakwak.com
 

  訪問看護部へまずは御相談下さい。
  TEL:03-5612-5188

 

Copyright (c) 2003 Home Hospicecare Clinic YUI All Rights Reserved.