医療法人社団ゆい在宅ホスピスケアクリニック医療法人社団ゆい在宅ホスピスケアクリニック

在宅ホスピスケアの御案内
パリアティブ・ケア(緩和医療)
 在宅ホスピスケアの実際
在宅ホスピスケアと入院の違い
 院長の挨拶
看護師からのメッセージ
お問い合せ
HOME


パリアティブケア緩和医療

当クリニックの在宅ホスピスケアは、WHOによるパリアティブ・ケアを基本とし、全人的苦痛の緩和に努めています。
次項にWHOの掲げるパリアティブ・ケア、全人的苦痛の基本理念についても書いてありますので御参照下さい。 >>> 詳細


在宅ホスピスケアの実際

緩和ケア痛みの緩和

まず第一に最大の苦痛である痛みの緩和を積極的に行います。
癌患者の70%は痛みを持っていると言われており、痛みがあると、心は痛みに集中し、身心共につらい毎日を強いられる事となります。
痛みが緩和されれば患者様はよく眠れ、食欲も回復し、心の痛みを乗り越えていくことにつながってゆくでしょう。

< WHO式癌疼痛治療法に基づく癌末期の疼痛治療 >

その他の症状の緩和

癌特有の症状は痛みだけでなく患者様の状態によって、だるさ、食欲の低下、腹水等、様々な症状があります。
又、その症状の強さにも個人差がみられます。
今後予測される病状、状況に応じたケアの説明を十分に行い、患者様、御家族が納得されたうえでケアを行っていきます。

< 医療的ケア>
処方(内服・坐薬・注射・点滴) 検査(採血・エコー)
処置(酸素療法・褥創処置・膀胱留置カテーテル・人工肛門管理)等

< 看護的ケア>
症状の観察、痛みのケア、栄養指導、排泄介助、清潔ケア、服薬指導、医師の指示による医療処置、検査、褥創処置・予防、看取りのケア、介護上の相談・アドバイス 等

NEXT >>>
医療法人社団 ゆい
トータルケアクリニック
  東京都江戸川区西小岩1丁目25番15号 サシバビル1F
  TEL:03-5612-5188  FAX:03-5693-5188
  Mail:total@bb.wakwak.com
 

  訪問看護部へまずは御相談下さい。
  TEL:03-5612-5188

 

Copyright (c) 2003 Home Hospicecare Clinic YUI All Rights Reserved.