本文にジャンプします

メニューにジャンプします

最終更新日:2016年11月30日

ここから本文です

お知らせ

臨時職員募集

本募集は終了しました。

採用職種・採用予定人員・応募資格等

職種 臨床心理士(相談支援)
採用予定人員 1名
資格要件 平成30年3月までに公益財団法人日本臨床心理士資格認定協会が認定する臨床心理士の資格を取得見込みの人または既に資格を有している人
主な職務内容 浜松市発達相談支援センター「ルピロ」において発達障害児者及びそのご家族に対する相談業務等に従事します。

ただし、次のいずれかに該当する者は応募できません。

  1. 成年被後見人及び被保佐人
  2. 禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで又はその執行を受けることがなくなった日から起算して2年を経過しない者

就業場所

浜松市発達相談支援センター「ルピロ」
〒430-0933 浜松市中区鍜冶町100-1
 ザザシティ浜松中央館 5階

雇用期間

雇用期間
平成29年4月1日から平成30年3月31日まで(最長3年を限度に更新の可能性あり)
※なお、成績良好な人は3年経過後に準職員への登用の可能性があります。
 (正規職員への登用の可能性もあります。)
 なお、資格要件に定める免許資格の取得を確認できない人や、資格要件を満たさない場合、応募書類の記載事項に虚偽又は不正があることが判明した場合は、採用を取り消すことになります。
就業時間
原則として、月曜日から土曜日の中で週5日間  ※月2日程度の土曜日出勤があります。
8時30分から17時15分まで(休憩時間60分) ※1日の実勤務時間 7時間45分
短時間勤務を希望される場合は、ご相談ください。
休日
週休2日制
日曜日、国民の祝日に関する法律に規定する休日、年末年始(12月29日から1月3日まで)
休暇
年次有給休暇(採用6ヶ月経過後8割の出勤率で法定どおり付与します)
その他特別休暇等があります。

採用及び賃金等与

  1. 平成29年4月1日に採用します。
  2. 給与は本事業団の規定に基づき支給します。
     (平成28年4月採用者の賃金実績)
    職種 臨床心理士
    区分 時間額
    金額 1,450円〜1,650円

    ※このほか、通勤手当、時間外勤務手当、さらに1週間の所定勤務時間が30時間以上の人には最高54日分(平成28年度実績)の特別手当を支給します。
     なお、社会情勢の状況により変動があります。
     賃金の計算期間 月末
     賃金支払日   翌月20日
  3. 社会保険の加入(勤務時間に応じて法定どおり加入します)
    健康保険・厚生年金保険・雇用保険・労災保険(1週間の所定勤務時間が30時間以上の場合)
  4. その他 福利厚生制度があります。

応募手続

電話連絡(TEL:053-459-2721 担当:石井)後、下記の書類を提出してください。

提出書類 (1)履歴書(JIS規格・写真を貼付したもの)
(2)職務経歴書(就業経験のある人) (形式自由)
 職歴がない場合は自己アピール書
(3)職種に定める免許・資格の写し
提出先 提出書類を封筒に入れ、封筒の表に「 臨時職員○○(職種)応募 」と朱書きしてください。
郵送又は持参にて下記のところへ提出してください。

浜松市発達相談支援センター「ルピロ」
〒430-0933 浜松市中区鍜冶町100-1
 ザザシティ浜松中央館 5階
受付期間 随時(ただし、日曜日、土曜日及び祝日を除きます。)
受付時間は、午前8時30分から午後5時までです。
郵送の場合は「簡易書留郵便」の利用をお奨めします。

試験の方法

日時 随時(書類受理後、電話でお知らせします。)
会場 浜松市発達相談支援センター「ルピロ」
試験内容 書類選考・面接試験
結果通知 面接終了後に1週間以内に随時お知らせします。
合否にかかわらず、本人あて直接通知します。

その他

試験内容に関する問い合わせには応じられません。
提出書類に記載された個人情報については試験及び採用事務以外に使用することはありません。
その他この試験について不明な点は、下記までお問い合わせください。

 

〒430-0933 浜松市中区鍜冶町100-1 ザザシティ浜松中央館 5階
浜松市発達相談支援センター「ルピロ」(担当 石井)
TEL:053-459-2721 FAX:053-452-3813 E-mail:rupiro@gmail.com

ページの上へもどる

浜松市発達相談支援センター『ルピロ』移転のお知らせ

平成25年7月29日(月)より、ザザシティ中央館5階に移転しました。

ページの上へもどる

ルピロがおこなう発達支援講座 第七回

本講座は終了しました。

発達障がいと社会 〜発達障がいのある子どもの社会参加を考える〜

ルピロがおこなう発達支援講座第七回のイメージ

発達障がいのある子どもを持つ保護者や教員・福祉施設職員など支援者の方々を対象に、学校卒業後の進路に関するパネルディスカッションを行います。今回はおもに就労など社会参加について各方面からの専門家の講演を聴くことで、子どもの将来を見すえた支援のあり方を学ぶ機会にしたいと思います。

プログラム

  • 午後2時00分から あいさつ
     浜松市発達相談支援センター「ルピロ」所長 内山 敏
  • 午後2時06分から パネルディスカッション
    • 「行政的支援の動向」
      静岡障害者職業センター
      主任障害者障害カウンセラー  矢代 美砂子 氏
    • 「福祉的就労について」
      NPO法人クローバー 会長  津田 明雄 氏
    • 「就業支援について」
      京丸園(株)代表取締役  鈴木 厚志 氏
  • 午後3時10分から 質疑応答
  • 午後16時00分 終了
開催日時
平成24年3月10日(土)
午後2時00分から午後4時00分(受付は午後1時30分から)
開催会場
浜北文化センター 小ホール
(駐車場に限りがありますので、公共交通機関でのご来場を推奨いたします。
定員
300人(先着順)
参加費
無料
託児
受付終了しました

ページの上へもどる

ルピロがおこなう発達支援講座 第六回

本講座は終了しました。

発達障がいのある子どもの思春期と親の気持ち

ルピロがおこなう発達支援講座第六回のイメージ

田中康雄先生ふたたび!

平成22年1月に行われた講演会の第二弾です。今回の講演会では、発達障害のあるお子さんを持つ保護者、支援者の方に向けて、思春期を迎えたお子さんの心理と、それを支える保護者の心理を知ることで、支援のあり方・考え方を学ぶ機会としたいと思います。

講師紹介

田中 康雄 先生
北海道大学大学院教育学研究院付属子ども発達臨床研究センター 教授
主な経歴
北海道立緑ヶ丘病院児童精神科、国立精神・神経センター児童期精神保健研究所室長を経て、現職
専門分野
児童精神医学
主な著書
  • 「支援から共生への道―発達障害の臨床から日常の連携へ」 慶應義塾大学出版会
  • 「気になる子の保育Q&A−発達障がいの理解とサポート」 学習研究社
  • 「ADHDの明日に向かって」 星和書店
  • 他多数

※なお、今回の講演会は、平成22年1月に行われた同講座「発達障がいを持つ子どものライフステージにあわせた理解と支援そして共生」の続編となります。

開催概要

日時
平成23年7月31日(日曜日)
午後2時00分から午後4時00分(受付は午後1時30分から)
会場
浜北文化センター 大ホール
(駐車場に限りがありますので、公共交通機関もしくは乗り合わせておこしください)
参加費
無料
(事前に申し込みをお願いします。詳しくは下記をご覧ください)
託児
事前予約が必要です。ご希望の方は電話でお問い合わせください。

ページの上へもどる

ルピロがおこなう発達支援講座 第五回

本講座は終了しました。

ライフステージにあわせた生涯支援とは(その2)

ルピロがおこなう発達支援講座第五回のイメージ平成22年7月に行われた講演会の第2弾です。前回ご参加いただいた方、今回初めてご参加いただく方、ともにご満足いただける内容になっております。詳しくは以下をご覧ください。ぜひ、ご参加ください。

講師紹介

講師のイメージ石川 道子(いしかわ みちこ) 先生
小児科医
アスペ・エルデの会 臨床統括ディレクター

前回のあらすじ

前回の講演では、石川先生の持論である、「発達障がいを絶対に見逃さない」「早期発見・早期療育の重要性」「指示に従わないのは子どもの問題ではなく、指示を出す大人の側の問題」などについてお話をいただきました。非常に平易な言葉を用いつつも熱い石川先生の語り口に参加者は皆感動し、そのときに十分に語れなかった部分について続編のお話を求める要望が続出しました。そのような皆様の熱意が石川先生に通じ、再び浜松に来ていただくことになりました。今回は幼児期の話をふまえつつも、児童期、思春期、青年期での困難性や支援のあり方などについてじっくりお話ししていただきます。

開催概要

日時
平成23年1月30日(日曜日)
午後2時30分から午後4時30分(受付は午後2時00分から)
会場
アクトシティ浜松 コングレスセンター 31会議室
参加費
無料
(事前に申し込みをお願いします。詳しくは下記をご覧ください)
託児
事前予約が必要です。ご希望の方は電話でお問い合わせください。

ページの上へもどる

ルピロがおこなう発達支援講座 第四回

本講座は終了しました。

気になる子どもの理解と対応〜つなぐこと・支えること〜

講師紹介

講師のイメージ石川 道子(いしかわ みちこ) 先生
小児科医
アスペ・エルデの会 臨床統括ディレクター

石川道子先生は名古屋大学医学部卒業の小児科医です。名古屋市立大学病院をはじめ、県内の中核病院の発達専門外来で診療を行っていらっしゃいます。

現在、NPO法人アスペ・エルデの会医療臨床統括ディレクターであり、保育園・学校への巡回、教育機関や福祉関係機関等での講演会など幅広く活躍中です。

著書には、『可能性ある子どもたちの医学と心理学−子どもの発達が気になる親と保育士・教師のために』(石川道子・杉山登志郎・辻井正次編著、ブレーン出版)、『学習障害−発達的・精神医学的・教育的アプローチ』(斎藤尚子監修 石川道子・杉山登志郎・辻井正次、ブレーン出版)があります。

開催概要

日時
平成22年7月25日(日曜日)
午後1時30分から午後3時30分(受付は午後1時00分から)
会場
アクトシティ浜松 研修交流センター 62会議室
参加費
無料
(事前に申し込みをお願いします。詳しくは下記をご覧ください)
託児
事前予約が必要です。ご希望の方は電話でお問い合わせください。

ページの上へもどる

ルピロがおこなう発達支援講座 第三回

本講座は終了しました。

発達障がいを持つ子どものライフステージにあわせた理解と支援そして共生

ルピロがおこなう発達支援講座第三回のイメージ今回は、全国的に有名な北海道大学子ども発達臨床研究センター教授 田中康雄先生をお招きして、乳幼児期から成人期に至るまでの各ライフステージにおける発達障がい児・者への理解と支援についてお話していただきます。ぜひ、ご参加ください。

講師紹介

田中 康雄 先生
北海道大学大学院教育学研究院付属子ども発達臨床研究センター 教授
主な経歴
北海道立緑ヶ丘病院児童精神科、国立精神・神経センター児童期精神保健研究所室長を経て、現職
専門分野
児童精神医学
主な著書
  • 「支援から共生への道―発達障害の臨床から日常の連携へ」 慶應義塾大学出版会
  • 「気になる子の保育Q&A−発達障がいの理解とサポート」 学習研究社
  • 「ADHDの明日に向かって」 星和書店
  • 他多数

開催概要

日時
平成22年2月21日(日曜日)
午後3時00分から午後4時30分(受付は午後2時45分から)
会場
アクトシティ浜松 コングレスセンター 31会議室
参加費
無料
(事前に申し込みをお願いします。詳しくは下記をご覧ください)
託児
事前予約が必要です。ご希望の方は電話でお問い合わせください

ルピロがおこなう発達支援講座 第三回
田中康雄先生講演会 プログラム

  • 午後2時45分から午後3時00分
    受付
  • 午後3時00分から午後3時10分
    主催者よりあいさつ
    浜松市発達相談支援センター ルピロ 所長 山崎 知克
  • 午後3時10分から午後4時30分
    講演
  • 午後16時30分
    終了

ページの上へもどる

ルピロがおこなう発達支援講座 第二回

本講座は終了しました。

発達障がいの支援はいま・・・
〜支援の現状と今後〜

浜松市発達相談支援センタールピロがオープンして一年がたちました。この間、ルピロには1000件を超す相談があり、浜松市民にとって発達障がいや発達相談が大きな関心事であることがわかってきました。

今回の発達支援講座では、浜松の皆さまに発達障がい支援の方向性をイメージしていただけるよう企画しました。テーマ1と2では国と浜松市の施策について、テーマ3では親の会の活動報告をしていただくことで、支援の現状と方向性について考える機会としたいと思います。

テーマ1:
日本における発達障害児者施策の現状と今後の展望について

  • 日詰 正文 氏

テーマ2:
浜松市における発達障害児施策の現状

  • 大中 敬子 氏

テーマ3:
親の会の活動紹介

  • アクティブ
  • 紙ふうせん
  • きんもくせい
  • 静岡県自閉症協会
  • 静岡Twinkle
  • 浜松市手をつなぐ育成会
  • (五十音順)

開催概要

日時
平成21年7月18日(土曜日)
午後1時15分から午後4時00分(受付は午後1時00分から)
会場
なゆた浜北 ホール
(遠州鉄道浜北駅 目の前/公共交通機関をご利用ください)
参加費
無料
(事前に申し込みをお願いします。詳しくは下記をご覧ください)
託児
あり
(事前予約が必要です。ご希望の方は電話でお問い合わせください)

ページの上へもどる

ルピロがおこなう発達支援講座 第一回

本講座は終了しました。

ペアレント・トレーニングあなたが変われば子どもが変わる

みなさんは子育てのなかで子どもが「してほしくない行動」をとった時にどのように接していますか?いけないと思いつつ怒ってしまい、その後で落ち込んでしまうことも多いのではないかと思います。そんなときどうしたらよいのでしょう?その答えのひとつがペアレント・トレーニングのなかにあります。

ペアレント・トレーニングとは親が子どもの正しいしつけ方を学ぶことですが、保育者など子どもと接する多くの方たちにも役立つポイントがたくさんあるので、現在注目を集めています。

講師の奥田健次先生には、ペアレント・トレーニングに加えて、子どもの行動の理解や関わり方などをわかりやすくお話ししていただきます。この機会にぜひご参加ください。

講師紹介

奥田 健次 先生
桜花学園大学人文学部准教授

兵庫県西宮市出身。本邦で初めて家庭出張型セラピーを開始し、全国各地で家族支援を行っている。その後、ABAソリューションを立ち上げ、日本だけでなく 世界各国からの治療要請に応えており、関係者から「どんな行動問題でもドラスティックに改善してしまう」、「彼の特徴は、アセスメントの正確さとユニークに見えるが行動の原理に裏打ちされた技法にある」などと絶賛されている。1999年、内山記念賞(日本行動療法学会)を受賞。2003年、日本教育実践学会 研究奨励賞受賞。専門行動療法士、学校心理士、臨床発達心理士、臨床心理士。2005年4月より、桜花学園大学人文学部助教授(現在、准教授)。現在も休日返上で世界中を飛び回っている。(ホームページより)

開催概要

日時
平成21年2月21日(土)
午後1時30分から午後3時30分(受付は午後1時00分から)
会場
男女共同参画推進センター(あいホール)
浜松市中区幸町3-3-1
(駐車場に限りがありますので、公共交通機関もしくは乗り合わせておこしください)
参加費
無料
(事前に申し込みをお願いします。詳しくは下記をご覧ください)
託児
あり
(詳しくは下記をご覧ください)

ページの上へもどる

開所記念講演会

本講座は終了しました。

もっと知りたい!発達障がい −さまざまな立場での取り組みー

平成20年6月1日に浜松市発達相談支援センター「ルピロ」がオープンいたしました。ルピロは、発達障がいのある方やその家族、また幼稚園・保育園・学校などからの相談をもとに、発達障がいのある方のライフステージにあわせた、もっとも効果的な支援ネットワーク作りのお手伝いをさせていただきます。

さて、発達障がいという言葉が広く知られるようになりましたが、私たちはどのくらい彼らが感じていること、生きるなかでの困難を理解できているでしょうか。

今回の講演会では、発達障がいに関する最近の医学研究からわかってきたこと、発達障がいのあるお子さんの子育てに効果的な早期療育の取り組み、そして、保護者の思いについてお話しいただきます。このことが、みなさまにとって発達障がいの正しい理解につながること、そしてこの地域がどのような人たちにとっても暮らしやすい社会になっていくことを願っています。

基調講演:
森 則夫(もり のりお) 氏(浜松医科大学精神神経医学教室 教授)

  • 「最近の医学研究からわかってきたこと」

講演:
松本 知子(まつもと ともこ) 氏(浜松市根洗学園 園長)

  • 「早期療育の有効性について」

講演:
門野 倍美(かどの ますみ) 氏(アクティブ 代表)

  • 「保護者からの願い」

開催概要

日時
平成20年7月27日(日)
午後1時30分から午後4時30分(受付は午後1時00分から)
会場
アクトシティ浜松 コングレスセンター 31会議室
参加費
無料
(事前に申し込みをお願いします。詳しくは下記をご覧ください)
託児
あり
(先着順です)

浜松市発達相談支援センター「ルピロ」 開所記念講演会 プログラム

  • 午後2時45分から午後3時00分
    受付
  • 午後1時30分から午後1時40分
    主催者あいさつ
    浜松市社会福祉事業団理事長 中野 睦弘
    来賓あいさつ
    浜松市長 鈴木 康友 氏
    浜松市議会議長 内田 幸博 氏
  • 午後1時40分から午後2時40分
    基調講演
    「最近の医学研究からわかってきたこと」
    森 則夫 氏
  • 午後2時40分から午後2時50分
    休憩
  • 午後2時50分から午後3時30分
    講演
    「早期療育の有効性について」
    松本 知子 氏
  • 午後3時30分から午後4時00分
    講演
    「保護者からの願い」
    門野 倍美 氏
  • 午後4時00分から午後4時20分
    「浜松市発達相談支援センター『ルピロ』紹介」
    浜松市発達相談支援センター 所長 山崎 知克
  • 午後4時20分
    閉会

ここまで本文です

ページの上へもどる

ホームへもどる