群馬県太田市 「太田吉沢ゆりの里」

ここも小高い山の上・・

日差しが強い時は 木陰でほっと一息・・

奥にブロックゾーンが見えます。

園内はいつくかのゾーンに分かれていて
小高い山の地形も生かしてあるので それぞれの風景も楽しめます。

開園は9時から・・15分ほど出遅れたけど 
すでにたくさんの人が訪れていました^^;

最初に目にしたユリの花の多さ、色彩の豊かさに驚き~!!

オレンジ色やピンク、黄色のゾーン

いつも 有難うございます☆

梅雨の晴れ間 雲は多かったけれど 時折 太陽が顔を出してくれました。
“立てば芍薬 座れば牡丹 歩く姿は百合の花” その咲き姿は美人の代名詞ともなっていますが
風にそよそよと揺れる百合の咲き姿は 本当に美しいものだと感じました。

そして、あまりにも美人さんが多過ぎて目移りするばかり・・ 

どれを選んでどう撮ったら良いのかと悩んでばかりいました^^
ほんの数枚ですが こちらの雰囲気が伝われば嬉しいです・・^^;

因みに料金は・・


入園料  大人 1,000円
               子供   300円(小・中学生)
駐車料        500円

2012年 6月24日(日)

太田北部運動公園(芝桜)の東側にある ゆりの里です。
ここは8万㎡の敷地に50種150万輪のゆりの花が咲くと云います。
昨年から気になっていた場所でしたが 想像以上の広大なユリ園にビックリしました^^;

このゆり園は 開園したのが2,010年(平成22年)だそうです。
当時、竹や雑木が茂って荒れた土地を地域の活性化の為にと 
自然の地形を生かしながら ゆりの花を栽培したそうです。

帰る頃には 入園者が続々と・・車も人も大渋滞になっていました^^;
ゆりのお陰で 地域活性化は大成功だと感じました。

5色のストライプゾーン