埼玉県熊谷市「妻沼聖天山歓喜院本殿・聖天堂」(国指定重要文化財)

この他にもたくさんのお猿さんがいます。
さて・・何匹のお猿さんが見つかるかな?・・
そんな楽しみ方も?・・^m^

妻沼聖天山歓喜院の本殿(国指定重要文化財)
保存修理復元工事が始まってから7年間・・謎のベールがやっと取れ
6月1日から一般公開となっています。
その日を今か今かと待っていました♪

春には桜が美しい中門の「四脚門」(市指定文化財)
ここは ちょっとしたパワースポットになっています。
この門をくぐりお参りをすると良縁が結ばれる
という事です。
この聖天様は「縁結び」のご利益があるのです(*^^)v

まずは「貴惣門」(きそうもん
国指定重要文化財となっていて 第一の門です。

周囲の彫刻が精巧で立派です。(ここは未修復)

聖天堂を ぐるり一周・・
金箔と色漆で250年前の彫り物が眩いばかりです。

本殿の周りに使われていた石段が解体され
石舞台として ここに使われたそうな・・
なので 本殿の周りが 本来の姿に再現され
木の階段に造り替えられたのだそうです。

そして、いよいよ奥殿の彫刻を拝見です。
今はボランティア(あうんの会)の方が説明をしてくれます♪
写真やビデオ撮影はOKです。

煌びやかに再現された裏面胴羽目の彫刻
「七福神と唐子遊び」などが描かれています。

いよいよ御本殿です。

「平和の塔」
十一面観音をご本尊としています。

ここは日本三大聖天様の1つとして知られ、1179年(治承3年)に斎藤別当実盛公によって創建されました。
1760年に建立された聖天堂が長い歳月を経て その豪華絢爛な彫刻がようやく再現されました。
ほんの一部をご覧いただきましたが、
興味のある方は 本殿右手の ↑ 「大師堂」で入場券を買ってご覧くださいね。
大人700円・小学生までは無料です。 あっ!お参りは24時間いつでも出来ますよ^^

今現在の私達が こうして再現された古の芸術や文化に逢えた事 とても幸運だと感じました。
修復再現に費やした7年の歳月と13億5千万円という莫大な費用が掛かったというのは納得です。
この工事に携わった方達に敬意を込めて・・・「お疲れ様でした。m(__)m」

拝殿正面の透かし彫りされた琴棋書画きんきしょが
中国古来の文人における必須の教養や風流事を意味する
「琴」 「囲碁」 「書」 「絵」の四芸のことだそうです。
その題材が 全て描かれています。

大師堂
弘法大使が祀られています。

すでに、先日の新聞にも取り上げられ TV埼玉でも放映されたとか・・

聖天様を開いた斎藤別当実盛公の銅像
自らを若く見せるために白髪を染め
戦準備をしている姿だという事です。

「仁王門」(におうもん)
本殿の前の大きな門・・左右の金剛力士像は室町時代のものです。

2011年 6月 12日(日)

拝殿正面

碁を打つ七福神たち

相撲をとって遊ぶ子供達

鷲と猿
左甚五郎の作と伝えられています。
激流に落ちた猿が人間の煩悩を表し、
それを救い上げてる鷲が聖天様だという事です。

これも左甚五郎さんだったかな?
日光東照宮の眠り猫に似た猫ちゃんがいます。

ご覧頂き 有難うございました~☆