東京都奥多摩 「百尋の滝」「海沢三滝」(オフ会)

名残惜しいけど百尋の滝を後にし、少し気持ちに余裕の出た帰り道・・
行きには気付かなかった花などの撮影をしながら戻ります。 時間はまだたっぷりあるという事で、
「海沢の三滝」 《三ツ釜の滝、ネジレノ滝、大滝》へ案内して頂く事になりました♪

 《百尋の滝》 落差30m 

(はぎちゃん提供)

(がんちゃん提供)

2007年・6月30日(土)

名前の通り大きな滝です。
岩肌を滑るように流れ これもすごく綺麗です。
ここまで来るのに 滑りやすい大きな岩を横切ったり
階段やキツイ登りなどもありました。皆さん、とてもタフです。


フクさん、昔 左足膝靭帯を痛めたって言ってました。
無理がかからないよう、がんちゃんにしっかりテーピングをして頂きました。
これでバッチリ安心!・・こんなとこも頼りになるなぁ〜・・(∩.∩)

浅間大滝に似てる・・小さくしたような滝だ〜♪・・
流木を退けてやりたい気持ち〜!でもこれも自然なのですね。
右手の岩をよじ登り、この上に掛かっている橋を渡る時
ちょっと怖かった〜・・(>o<)

とっても楽しみにしていた 「百尋の滝」オフ会です♪ヽ(^o^)丿 また芝桜の時のメンバー5人です♪
入梅時季でお天気もとても心配でした。どうか晴れますように・・皆さんの願いでした^^;

5分くらいで「三ツ釜の滝」落差20m に到着です。


いつもご覧頂きありがとうございます。 m(_ _)m

5時に家を出、関越道から圏央道へ・・
走行中 富士山が綺麗に見えました♪
お天気も最高♪出だし絶好調〜(^^♪

日原街道から川苔谷へと向います。
ようやく、細倉橋までやって来ました♪
この橋を渡りきり 右手に入ります。

「ねぇねぇ、フクさん・・☆※:○×;※・・」
楽しそうで可愛いショットでしょ!(*^m^*)
若いっていいなぁ〜〜☆

自然とスローシャッターに・・とっても綺麗です♪(*^^)v

5分ほどで綺麗な滝が現れました♪ワォ〜!
早速撮影タイム・・
 「直滝」 落差7m

ひゃくひろ

うなざわ

しばらく行くとまた滝がありました。
「ウスバノ細滝」
落差10m 
本当に細い滝ですね。水量が少ないようです。

ネジレノ滝から約20分くらいで最終目的の
「大滝」落差25m に到着しました。

R411新氷川トンネルを過ぎ海沢大橋へ 

海沢の狭い林道を走る・・
がんちゃん、速いなぁ〜・・^^;

さて、ギンリョウソウ撮影から5分程で
緑の間から覘くように見える「釜滝」
落差5m が現れました♪
ちょっと遠いですが、段々になっています。

そしてまた 直ぐに「三筋の滝」落差3mが現れました。
これにも「おぉ〜、すごい〜!!」・・です。

木橋から10分くらいすると今度は「長滝」落差15m 
が現れました♪大きくて立派です。
「わぁ〜、すごい〜!・・」 すでに興奮状態です。

慎重に、慎重に〜・・しっかりつかまって
木の橋をいくつか渡ると・・・

(フクさん提供)

これが「ギンリョウソウ」
色素が無くなった白いキノコみたいな不思議な花(?)・・
結局 綺麗には撮れず、フクさんに
画像を頂いたのでした・・ありがとう♪ (o>m<o)

皆で何やってるの〜?・・って?・・
珍しいギンリョウソウを発見して
カメラに収めようと必死なのです。(*^v^*)デヘ
薄暗いので 撮っても撮ってもピンボケ〜!

ありゃ、挙句の果て・・フクさんの
カメラ講習会まで始まっちゃったゎ・・(^^;;
「ネ!はぎちゃん、解かったぁ?・・」(^^*

滝の名前、落差は
がんちゃんのHP
滝見一覧表を参考に
させて頂きました<(_ _)>

少しすると また木の橋・・今度のは長い〜!
はぎちゃんは 相当苦手みたいです。
私も人の事言えないけどぉ〜・・(^^;ゞ

長滝の隣りに洞窟みたい
のが見えます。
以前はその中をこの長滝が
流れていたのだとか・・
地殻変動か何かで流れが
変わったのだそうです。

がんちゃんの説明を
興味深く聞き入りました。

百尋の滝、川乗山 方面へ・・・
前日、雨が降ったといいます。なので濡れてて滑り易かったです。
用意の良いがんちゃんは私の分の杖をちゃんと持って来て下さいました。
ありがとう・・遠慮なくお借りしました。転ばぬ先の杖・・ですね♪(^。-)-☆
「滑り易いから気をつけましょう〜!」がんちゃんが声を掛けてくれます。

集合場所よりも手前のコンビニで 
予定時刻より早く全員集合してしまいました。
皆さん 早〜!!^^; 「よろしくお願いしま〜す♪」
新氷川トンネル通過・・
 

登山道は沢に沿っています。一人分の道幅しかなくとても狭いです。
片側を覗き込むと 沢の流れが遥か下のほうに見えます。
踏み外すと大変です・・少しも気が抜けずに必死で歩きました^^;
でも、鳥の声がする深い緑の樹林の中を歩くのはとても気持ちが良いものです♪

木の橋がいくつも掛かっています。
拝借した杖が大活躍しています♪助かるなぁ〜♪

ついに百尋の滝・川乗山へ通じる急な岩場の登り道です。ヨイショ!ヨイショ!
最後のロープの付いた梯子を下りると百尋の滝はすぐそこに〜!!
あと少し・・滑らないようにゆっくりね〜☆ がんちゃんが盛んに声を掛けてくれます。
  そして、そして・・ワクワク♪ついに念願の滝とご対面ですヽ(^o^)丿

わぁ〜!!大き〜い!素晴らしく綺麗だ〜〜v(*^o^*)v
周りの木々の緑に囲まれて 美しく静かに流れ落ちています。
がんちゃんの一押しの滝だけはあります。絹のような流れ・・観て納得です♪
辿り着くまではちょっと大変な道のりだったけど、来て本当に良かったと思えました。

もう、大興奮「綺麗だ〜!綺麗だ〜!・・」の連発でした♪
そこは広々としたスペースがありとても開放感があります。爽やかでとても涼しかったです。
マイナスイオン、いっぱ〜い!!少し居ただけで汗が ス〜ッと引いてしまいました。

以前 百尋の滝は段瀑になっていたのだとか・・
大規模な崖崩れがあり 下の流れが完全に土砂の下に
埋まってしまったそうです。
百尋の滝の水の流れを辿ると、この岩間に流れて行きました。
ここに滝の姿があったなんて・・段瀑の百尋・・見てみたかったですね。
こんなにもすごい歴史があったなんて、びっくりしました。
またまた、がんちゃんに興味深いお話を聞く事が出来ました♪<(_ _)>

「ちょっと拝見〜!!」
腰の角度も息もピッタリ?・・ヽ(^v^o)

ゆっくりと撮影タイムを楽しんで、がんちゃんの美味しいコーヒーを頂きながら
昼食にすることにしました。まだ10時頃ですが 朝が早かったので、丁度良い時間です。

滝の音をBGMに おにぎりをほおばり、暖かいコーヒーを頂く・・・なんて贅沢なひと時なんでしょう♪・・
やっぱり自然の中でこうして食べるご飯は最高〜!!v(*^o^*)v

駐車場へ到着しました。
さぁ、ここから出発です♪ 

えっ?これ、ムカデ競争ではないで〜す・・(^^;
また苦手な木の橋〜!・・(がんちゃん提供)

一歩足を踏み入れると、そこは薄暗く
ゴツゴツした大きな岩が苔生していました。
このまま進むと大岳山へと続いてるそうです。

おぉ〜、すご〜い!やっぱり大きい〜!!
三段になっていて岩肌を滑り降りて
とても綺麗な流れですヽ(^o^)丿

三ツ釜の滝の上流にある小さな滝・・
時々日が当たり とても綺麗です。
滝壺が深そう・・
はぎちゃんの「泳ぎた〜い!」の願い・・
出来るなら叶えてあげたかったね。。ん?(¬¬*)ジィ〜

次にネジレノ滝へ向います♪
途中の無名滝(?)・・

三ツ釜の滝から 約15分くらいで「ネジレノ滝」 落差16m
に到着です。これもとても綺麗な滝です♪

だいぶ奥のほうに一段め、手前の2段めと
違った方向に流れています。なので、ネジレ?・・
周りの苔生した岩の間から滝音が共鳴し 豪快に流れ落ちていました。

ここはゴツゴツとした大きな岩が目立ちます。

駐車場に戻り、またがんちゃんにコーヒーを
入れていただき、皆で下山祝いです。
お疲れさまでした。乾杯〜〜♪♪
暫らくの間 また会話に楽しい花が咲きました〜・・♪
一時間以上経ち名残惜しいけど また次回を楽しみに解散となりました。

ちょうど日が当たり水が光りました♪ 滝壺まで下りて行き、撮影したり談笑したりと
ゆっくり癒しタイムです。ここもとても涼しくて気持ち良かったです♪

さて、来た道を戻りましょうネ〜・・・
皆、がんちゃんに続け、続け・・です♪

今回のオフ会・・とても充実した大満足の一日となりました。本当に楽しかったです♪
がんちゃんや皆さんににフォローして頂き 無事に下山する事が出来ました。
百尋の滝は 本当に素晴らしかったです。良い意味のショックでした。
私達にとっても一番のお気に入りの滝になってしまいました(^^;
海沢三滝もがんちゃんの道先案内があったから実現できた事と思っています。
滝はもちろんですが、苔まで綺麗に見えました♪

皆さんとお別れした後、帰り道は大雨になり タイミングがばっちりでした♪
たくさん歩いたけど、この日はとても心地良い疲れでした♪・・
本当に楽しいオフ、お世話になり有り難うございました。m(_ _)m
皆さんに感謝です。 また何処かご一緒させてくださいね。

全員 怪我もせず無事に下山しました♪
杖が本当に助かりました。ありがとう・・

師匠、どうやったら綺麗に撮れますか〜?
二人とも真剣です