1997年

死者は黄泉が得る
死者は黄泉が得る

講談社
1997-01


by G-Tools
死者は黄泉が得る

講談社
2001-02


by G-Tools

瞬間移動死体
瞬間移動死体

講談社
1997-04


by G-Tools
瞬間移動死体

講談社
2001-08


by G-Tools

複製症候群
複製症候群

講談社
1997-07


by G-Tools
複製症候群

講談社
2002-06


by G-Tools

仔羊たちの聖夜
仔羊たちの聖夜

角川書店
1997-08


by G-Tools
仔羊たちの聖夜(イヴ)

角川書店
2001-08


by G-Tools

1998年

幻惑密室
幻惑密室

講談社
1998-01


by G-Tools
幻惑密室―神麻嗣子の超能力事件簿

講談社
2003-06


by G-Tools

スコッチ・ゲーム
スコッチ・ゲーム―匠千暁シリーズ

角川書店
1998-03


by G-Tools
スコッチ・ゲーム

角川書店
2002-05


by G-Tools

ストレート・チェイサー
ストレート・チェイサー
光文社
1998-04


by G-Tools
『ストレート・チェイサー』                 紹介者  高田崇史さん

 ふと、キックの効いた酒を飲みたくなる時がある。ドライではないけれど甘口ではなく、洗練されているけれど決して冷ややかではない酒――。
 そんな気分の夜に、ぜひお勧めの一冊である。
 もしかすると、他の西澤作品とは違ったオークの香りが漂ってくるかも知れない。しかし「西澤保彦の『走れメロス』」と呼ばれている(誰に?)この作品は、奇想天外な設定と論理的完結、そして緻密に張り巡らされた伏線と、徹頭徹尾のフェア・プレイ精神を持つ、紛れもなく濃密に熟成された「西澤スピリット」だ。
 やがてラストの1行で、朝靄が晴れて美しいパノラマが展開されるように、あなたの目の前の景色がガラリと変わるだろう。まるで、あなたが映画監督になったような気分――。その酩酊にも似た高揚感を味わってください。綺麗に酔えることをお約束します。                                                                                  
ストレート・チェイサー


光文社
2001-03


by G-Tools

                                 紹介者 陽子さん

 あたい、ビーバー。<トムズ・キャビン>ってレズビアン・バーで出逢ったフォウン(仔鹿)とパンプキンと
意気投合。れろれろに盛り上がっちゃった。パンプキンは、もろあたいのタ・イ・プ。でもパンプキンの娘
エミリイに言わせれば「そうとは知らずにレズビアンバーなんかに入ってしまって眼を白黒させるような
ねんねちゃん」(p274)らしく、ざぁ〜んねぇ〜んっ。酔っ払ったワタシタチはトリプル交換殺人をやろうな
んて話題に。パンプキンの殺したい相手は上司ウェイン・タナカですって。セクハラ? やだわ。男って。
それがね、起きちゃったの。 パンプキンのオフィスで殺人事件が! まさか本当に・・・。
 ヤスヒコ・ニシザワってクセモノ〜。優しげな風貌なのに。詐欺よ。詐欺。ラストでは酔いも醒めるわよ。
さ、もう一度酔いたいから、はじめから読み返してやる。バーボンのストレートとチェイサーを交互に呑み
ながら・・・。


猟死の果て
猟死の果て

立風書房
1998-06


by G-Tools
猟死の果て

角川春樹事務所
2000-12


by G-Tools

実況中死
実況中死

講談社
1998-09


by G-Tools
実況中死―神麻嗣子の超能力事件簿

講談社
2003-11


by G-Tools

ナイフが町に降ってくる
ナイフが町に降ってくる
祥伝社
1998-10


by G-Tools
ナイフが町に降ってくる

祥伝社
2002-03


by G-Tools