「家の中」  

時間怪談―異形コレクション〈10〉 廣済堂文庫 収録


書名をクリックするとAmazon.co.jpの個別商品画面へ移動します。

              
   「家の中」               紹介者 かずめさん

 少女の頃から家の和室に見える、敷きっぱなしの布団と横たわる老婆。兄の 欲望に耐える生活の中、自
分だけに見える慈愛に満ちた姿は、ずっと心の支 えだった。  やがて時が経つにつれ老婆は若返り、布団は
消える。だが家を離れ何年も過 ぎた後、兄嫁となった人が異常を訴えた。「知らない女のひとが、家の中に」
それを機に兄の人生は狂い始めた――一読後、因果関係の追って読み直 さずにはいられない作品。      

「青い奈落」

世紀末サーカス―異形コレクション14 廣済堂文庫

書名をクリックするとAmazon.co.jpの個別商品画面へ移動します。


「青い奈落」                紹介者  かずめさん

 空へ落ちていく夢を見る。重力が反転し、世界の全てが青い虚空へ吸い込 まれる悪夢。
 四十を過ぎて独身、結婚も出産もあてがない身の上に、「寂しいから、 そんな夢を見るんだ」と同僚は言うが、
若くボーイッシュな恋人は可愛らしく 優しい。――なのにこの不安と恐怖は?
 そして聴こえる言葉。「もう一度、 ひっくり返るのよ」