長嶋工務店
ホーム
お問い合せ
施工例
工程紹介
業務案内
会社概要
リンク

中里の家
              



ウッドデッキは既製品は使用せずに、耐久性の高い
ウッドデッキ向きのイタウバという木材を使用しました。
木材なので、少しずつ色褪せしていきますが、
風合いはどんどんと増しこの家のこれからの歴史を
刻んでいくことでしょう。


プライバシーに配慮し、リビングを外壁よりも奥まらせ掃出し窓を設置。そこから広いウッドデッキで外部へとつないでいます。
奥まったリビングは暗くなりがちなので片流れ屋根と吹き抜けを利用してハイサイドライトを設置。 

ロフトはリビングと仕切らずに一体の空間に。夏の暖かくなった室内の空気は軽くなるため、高い位置にあるロフト窓を開ければ自然に暖められた空気が抜けていきます。   
あらわしにした杉の梁が大きな屋根を支えてくれているのがよくわかります。

手摺は杉の無垢材を使ったひし形縦格子デザインに。
奥まらせたリビングですが、ハイサイドライトを設置した事で高い位置から取り込む光でとても明るく過ごせ、
外部からの視線もコントロールしています。
リビングは18帖と一般的な広さですが、ロフトとつなぐことで、実際以上の広がりが感じられます。