ハンドランチグライダー部屋 7


 
ホリディα(仮)β版 
2017.08.04ロールアウト

ムサシノのバルサリブ組SAL機のホリディ、その拡大版です。 そして、テスト機でもあります。
1000ミリだったスパンを1250ミリにまで拡大しています。



少し大きくなっただけですが、浮きは格段に良くなっていて、その分走らせる余裕も生まれています。



構造は既存のホリディに準じますが、ねじれ剛性を上げる為にリブ間にトラスを入れています。 更に開口部の
フイルムのみを厚手の物(開口部のみOKのAフイルム、他はEライト)にして、更なるねじれ剛性アップに努めて
います。



製品版ではカーボンパイプとなるペグですが、手持ちのプレートタイプの物を使っています。 翼端ブロックは薄い
ので、このタイプのペグを使うのであればTペグがベストのようです。



メカスペースは既存のホリディよりも20ミリほど延長されています。 500mAhの1セルリポが搭載できます。

Holidayα
垂直尾翼面積 主翼面積 垂直尾翼モーメント スパン 垂直尾翼容積 翼面荷重 機体重量
1.1dm2 15.62dm2 56.5cm 124cm 0.0321 9.41g/dm2 147
水平尾翼面積 主翼面積 水平尾翼モーメント 平均翼弦 水平尾翼容積
1.57dm2 15.62dm2 48.5cm 12.59cm 0.3870


セッッティングデータ
飛行重量 147g
重心位置 前縁より75ミリ

設定コンディション 
スタート
エレベーター   フタバ8FGで4コマ ダウントリム

ノーマル
ラダー   左右共15ミリ
エレベータ  上下共8ミリ  


スペック
全長 865o 
全幅 1240o
主翼面積 15.6dm2
全備重量 147g
翼型    AG12Mod
サーボ D47類似×2 エレベーター、ラダー
受信機 Frsky TRF4B 4ch
受信機電源 Lipo1セル500mAH 


Flitz2 
2017.05.21ロールアウト

Flitz2です。 フルネームでは「Flitzbogen2」らしく、雄々しい矢とかおもちゃの弓とかの意味のようです。 元々小型なFlitz
よりも更に小型、軽量化していて、ノーズ、テール共に短くなっています。

また、主翼翼弦も170ミリから165ミリとナロー化しています。



水平、垂直尾翼ともに、近年のどの機体よりも小さく、低抵抗化に大きく貢献していて、ランチの振り抜きの軽さや、ランチの伸び
が素晴らしく、また、軽量機ながら風の中でもスルスルと進みます。 
反面、ピッチ方向のコントロールが若干神経質に感じます。



各舵はとても良く効きます。 舵が効くだけでは無く、動いた後の収束がとても良いので、ラフに舵を打っても暴れることも無く、
スパッと切れて、スッと収まります。

自立安定も良いので、実際の重量以上の安定した飛びを見せてくれます。



エルロンサーボは翼内に内装されます。 お馴染みの工法でサーボは取り付けられていますが、コントロールロッドの通る
ホールは加工済みとなっていて助かりました。 

サーボホーンはセンターより5ミリの穴を、エルロンホーンはレバー長6.5ミリ使用しましたが、今回使用した
KST X08−Ver5は動作角が大きくなっていて、ブレーキ角度も大きく取る事が出来ました。



ショートノーズの上、元々糸引きトーションバー用にデザインされているので、メカスペースはミニマムなのですが、ロッドエンド
などの工夫で、サーボ横並びのカーボンロッドリンケージを実現しています。

ノーズバラストを7.5グラム搭載しています。



主翼後退角はきむらクラフトの所有機の中ではBOOMに次いで大きいのですが、推奨重心位置では平均翼弦の38.9%
と前寄りとなっています。


Flitz2
垂直尾翼面積 主翼面積 垂直尾翼モーメント スパン 垂直尾翼容積 翼面荷重 機体重量
1.88dm2 19.9dm2 66.9cm 149.5cm 0.0423 10.8040201 215
水平尾翼面積 主翼面積 水平尾翼モーメント 平均翼弦 水平尾翼容積
2.03dm2 19.9dm2 57.5cm 13.311cm 0.4407


飛行重量 213g
重心位置 前縁より68ミリ

設定コンディション スタート ノーマル 滞空 スピード ランディング

エルロン       UP10ミリ  DN8ミリ  (ブレーキモード時 UP20ミリ  DN0ミリ)
エレベーター    UP8ミリ   DN8ミリ
ラダー        左右15ミリ

エルロン→ラダーMIX スタート80%、滞空80%、スピード50%  ランディング100%
               
ランチモード
エルロン   左右共1〜3ミリUP

滞空モード
エルロン   左右共〜3ミリDN

ブレーキ
エルロン   左右共40ミリDN
エレベータ  5ミリDN  


スペック
全長 996o 
全幅 1495o
主翼面積 19.90dm2
全備重量 213g(ノーズバラスト7.5g)
翼型 Rodax
エレベーター、ラダー、エルロン KST X08×4
信機 Frsky TRF4B
受信機電源 
LiPo2セル 300mAH +ダイオード1個(逆接防止と保険)

ラダー、エレベーターリンケージ
ポリイミドチューブ、カーボンロッドプッシュプル 自作ロッドエンド 内装
Vortex2.5 
2016.06.25ロールアウト


スロベニア産のVortex、そのバージョン2.5です。 バージョン2からは水平尾翼の取り付けが上面から下面に変更され、
水平、垂直尾翼の外皮がグラスからカーボンに変わり、主翼が10グラム前後軽量化されています。

バージョン1は主翼構造がロハセルシヤーレでしたが、バージョン2以降はロハセルコアになっています。



主翼をはじめ、各所が軽く作られていて翼面荷重が小さいので、ランチの振り抜きが軽く、粘りのあるフライトができます。
反面、ランチの獲得高度は特筆する物はありませんが、後半が伸びてくるような上がり方で、力を掛けても掛けなくても
それほど高度に差が無いように感じます。



Vortex1が重心位置とフライングテールのニュートラル位置に頭を悩まされましたが、この機体はそんな事も無く、軽い
セッティングだけでピタリと決まりました。 ヌルヌルっとした飛びはVortex1ゆずりです。



サーボは横積みで、ハッチは左側に開きます。  リンケージはきむらクラフト伝統のポリイミドチューブ+カーボンロッド
で、チューブは胴体内壁に完全接着されています。

尾翼のレイアウトとの兼ね合いで、前がエレベーターサーボで左より、後ろがラダーサーボで右よりに配置されています。



トップドライブのエルロンリンケージです。 エルロンサーボのサーボホールは内壁をカーボンパウダー入り5052で固め
られて、エルロンサーボはサーボ上面の2点だけで止められています。



胴体とのコネクターはオスコネクターを主翼に埋め込み、胴体にはメスコネクターが埋め込まれ、胴体ノックピンで位置決め
がされています。



主翼平面形をトレースしたところ、後退角はほとんどありません。 重心位置の66ミリは、平均翼弦換算では約43%の
重心位置です。 ここ数機の内では一番後ろ重心で飛んでいる機体です。


Vortex2.5
垂直尾翼面積 主翼面積 垂直尾翼モーメント スパン 垂直尾翼容積 翼面荷重 機体重量
2dm2 20.6dm2 72.5dm2 150cm 0.0469 11.11 229
水平尾翼面積 主翼面積 水平尾翼モーメント 平均翼弦 水平尾翼容積
2.19dm2 20.6dm2 61.3dm2 13.73cm 0.4745


飛行重量 229g
重心位置 前縁より66ミリ

設定コンディション スタート ノーマル 滞空 スピード ランディング

エルロン       UP10ミリ  DN7ミリ  (ブレーキモード時 UP20ミリ  DN0ミリ)
エレベーター    UP8ミリ   DN8ミリ
ラダー        左右15ミリ

エルロン→ラダーMIX スタート80%、滞空80%、スピード50%  ランディング100%
               
ランチモード
エルロン   左右共1〜3ミリUP

滞空モード
エルロン   左右共〜3ミリDN

ブレーキ
エルロン   左右共40ミリDN
エレベータ  5ミリDN  


スペック
全長 1095o 
全幅 1500o
主翼面積 20.60dm2
全備重量 229g(ノーズバラスト9g)
翼型 V2WA_1
エレベーター、ラダー、エルロン KST X08×4
受信機 Futaba R6106HFC
受信機電源 
LiPo2セル 300mAH +ダイオードドロッパー

ラダー、エレベーターリンケージ
ポリイミドチューブ、カーボンロッドプッシュプル 自作ロッドエンド 内装


Boom
2015.07.21 ロールアウト


JimAeroのBoomです。 アンダーキャンバーの深いナロー幅の薄翼を持った機体です。 ランチは振り抜きが軽く、スル
スルと上がり、浮きも良いです。

Boomは「どっか〜ん」って意味のようです。



大きめな水平尾翼でピッチ方向のコントロールには寛容で、また、適切な上反角設定で綺麗な旋回が出来ます。



裏面にはライジングサンがあしらわれています。
エルロン幅は今時の機体にしては狭いのですが、舵の効きはとても良く、スッと効いてピタッと止まる舵の効きです。



主翼が薄いために胴体4サーボ仕様です。 エルロンリンケージはエルロンのカットラインと取り付けネジ位置が近い為
外装となります。



エルロンホーンはSnipeと同方式でピンを追加してピンを軸に動作するように加工しました。



エレベーターリンケージは完全内装となっています。



サーボはKSTのX08で、ハイボルテージ仕様ですが、ダイオードを一個入れて逆接防止と充電直後の過電流防止としました。
キャノピーはカーボン製が付属しますが、グラス製キャノピーを自作、アンテナ線取り出し口を設けました。

飛行時にはここからアンテナ線を取り出します。





Snipeとスペックが似ているのできむらクラフト所有機との対比表を作って見ました。 インプレッションはあくまでも
私の所感あります。 


#Boom
垂直尾翼面積 主翼面積 垂直尾翼モーメント スパン 垂直尾翼容積 翼面荷重 機体重量
2.08dm2 19.9dm2 73cm 149cm 0.0512 12.11 241
水平尾翼面積 主翼面積 水平尾翼モーメント 平均翼弦 水平尾翼容積
2.1dm25 19.9dm2 62.5cm 13.35cm 0.5056


飛行重量 241g
重心位置 前縁より72ミリ

設定コンディション スタート ノーマル 滞空 スピード ランディング

エルロン       UP10ミリ  DN6ミリ  (ブレーキモード時 UP20ミリ  DN0ミリ)
エレベーター    UP8ミリ   DN8ミリ
ラダー        左右15ミリ

エルロン→ラダーMIX スタート80%、滞空80%、スピード50%  ランディング100%
               
ランチモード
エルロン   左右共1〜3ミリUP

滞空モード
エルロン   左右共〜3ミリDN

ブレーキ
エルロン   左右共35ミリDN
エレベータ  5ミリDN  


スペック
全長 1110o 
全幅 1490o
主翼面積 19.90dm2
全備重量 241g(ノーズバラスト2g)
翼型 DI760〜720
エレベーター、ラダー、エルロン KST X08×4
受信機 Frsky TRF4B
受信機電源 
LiPo2セル 300mAH +ダイオード1個(逆接防止と保険)

ラダー、エレベーターリンケージ
ポリイミドチューブ、カーボンロッドプッシュプル 自作ロッドエンド 内装


 
Limit A3 
2015.05.06ロールアウト


OlionModelのLimitです。 元々はA3クラスというカテゴリーのフリーフライトのグライダーですが、エレベーターとラダーを
可動として、胴体にメカスペースを設けてラジコン化しました。



ショックコードで曳航します。 サーマルに乗ればそれなりに飛びますが、フリーフライトの翼型故、あまり走らないので
素での滞空時間は短めです。 
揚力尾翼のせいか、突っ込ませるとどんどん速度が上がってしまいますのでピッチ方向のコントロールには注意が必要です。



キットはオークションで3000円以下で入手しました。 ですが実際に使った部分は主翼と垂直尾翼と図面だけでした。



リブは3ミリのベニヤ製です。 レーザーカットで肉抜きはされていますがそれなりの重量はあります。



テールブームはキットではヒノキの棒ですが、手持ちのカーボンパイプに変えてあります。 水平尾翼はバルサの単板でした
のでリブ組で自作、フライングテールとしてデサマのギミックを追加してあります。

垂直尾翼はキットの尾翼の外周を囲って一回り大きくしています。



右がエレベーターサーボです。 デサマを実現するために長いサーボホーンを使っています。


Limit A3
垂直尾翼面積 主翼面積 垂直尾翼モーメント スパン 垂直尾翼容積 翼面荷重 機体重量
0.61dm2 10.12dm2 43cm 88cm 0.0295 13.93 141
水平尾翼面積 主翼面積 水平尾翼モーメント 平均翼弦 水平尾翼容積
1.85dm2 10.12dm2 49cm 11.5cm 0.7789


飛行重量 141g
重心位置 前縁より40ミリ

設定コンディション スタート ノーマル 滞空 スピード ランディング

エレベーター    UP8ミリ   DN8ミリ
ラダー        左右10ミリ

デサマ
エレベータ  20ミリUP  


スペック
全長 680o 
全幅 880o
主翼面積 10.12dm2
全備重量 141g(ノーズバラスト20g)
翼型 不明
エレベーター、ラダー、enRoute HD1440A
受信機 Futaba R6106HFC
受信機電源 
LiPo1セル 300mAH

ラダー、エレベーターリンケージ
ポリイミドチューブ、カーボンロッドプッシュプル 自作ロッドエンド 内装

 


[戻る]