本文へスキップ
住民の声で政治を動かす
   日本共産党八幡市議会議員団  (京都府八幡市)

    
日本共産党八幡市議会議員団(5人)を紹介します

                  
    山本邦夫     巌(いわお)博   亀田優子    中村正公(せいこう) さわむら純子
 
 6期目。議員団長        6期目           5期目         2期目           1期目

日本共産党八幡市議会議員団のホームページへようこそ。
市民の声を生かし、憲法を大切にする市政をめざします。
平和、くらしを守る。原発ゼロ、多発する災害から市民を守るまちづくりにがんばります。

★日本共産党八幡市議団のフェイスブックも開設しました。

★2020年6月議会報告ニュース(PDFでご覧になれます)



お知らせtopics

9月2日〜10月14日まで第3回定例会が開かれます。(予定)
今回は決算審査のため、約1か月半の会期となります。
  <一般質問の日程>
   9月4、7、9、11日の4日間(予備日含む)
  <常任委員会>
              9月16日 総務委員会
               17日 文教厚生委員会
               18日 都市環境委員会
            <決算特別委員会>
               9月25、28、30日、10月1、5、6、8日



新着情報news

2020年7月
市議会報告ニュースなど随時更新。
このページの先頭へ

日本共産党八幡市議会議員団

〒614
京都府八幡市八幡園内75 八幡市議会内

TEL 075−983−2005

 市議団メールアドレス
 jcp-ywta@am.wakwak.com


市議団の活動日記
<<前のページ | 次のページ>>
2020年9月25日(金)
「少人数学級を求める」請願について(澤村純子)

 八幡市の9月議会本会議が24日行われました。「少人数学級を求める請願」について、審議されましたが、賛成したのは日本共産党八幡市議会議員団5人と無会派の1人の6人だけで、賛成少数のため不採択となりました。
 請願の内容は「1.子ども一人ひとりを大切にする、感染症にも強い、安心・安全な小人数学級の実施を国・京都府に強く求めてください。2.子ども一人ひとりを大切にする、感染症にも強い、安心・安全な少人数学級に対応できる条件整備を進めてください。3.授業を詰め込みすぎず、仲間との学びと豊かな学校生活を保障してください」をもとめています。
 この署名には、教育現場で働く先生やOB、元校長、保護者の方たちの「子ども一人ひとりを大切にする、手厚い教育の必要性、子どもたちをゆったりと受け止めながら、学び、人間関係の形成、遊びや休息をバランス良く保障する柔軟な教育の必要性」などの思いがいっぱい詰まっています。お隣の大阪府枚方市では、「少人数学級を求める意見書」が全会一致で採択されました。なぜ八幡市ではできないのでしょうか。残念で仕方がありません。
 日本は、教育の公的支出はOECD加盟国38カ国のうち下から2番目です。教育にもっと予算をつぎ込んで、未来を担う子どもたちの教育充実のため、日本教育学会も提案しているように「10万人の教員の増員」と全国知事会、全国市長会、全国町村会が文部科学省に提案したように、今こそ「少人数学級」を実現する時なのではないでしょうか。

2020年9月23日(水)
高層マンション優先の規制緩和でいいのか! 
             (中村 正公)

 8月27日、橋本駅前開発地に隣接する地域の市民の方が、高層マンション建設の見直しを求めた104筆の署名と「橋本駅前高層マンション計画に