QDブロック構造詳細仕様

QDはブロックと呼ばれる単位で区分けしてあることは前述の通りですが、各ブロックの詳細仕様について明記します。



ブロック名称 機能名称 ブロック長
ブロック01 QuickDisk ボリュームラベルブロック 56バイト
項番 項目名称 サイズ
(Byte)
位置 機能概要
1 ブロックコード 1 1 ブロック識別コード ($01=ボリュームラベル) 固定
2 チェックコード 14 15 チェックコード FC Disk Byte "*NINTENDO-HVC*"固定
ディスクBIOSにて起動時にチェックが行われ、相違がある場合は異常終了
3 メーカーコード 1 16 メーカーID (メーカーID表を参照)
4 ゲーム名称 4 17 ゲーム名称 (FMC-LNK等)
5 ゲームバージョン 1 ゲームバージョン
6 ディスクサイド 1 ディスクサイド A面かB面かをセット $00=Side-A $01=Side-B
7 ディスク番号 1 ディスク番号 2枚組などのディスクで使用 $00=1枚 $01〜 2枚以上
8 ディスク種別 1 ディスク種別 $00=黄色/青色 $01=金色
9 不明 1 不明
10 ブートファイル番号 1 ブートファイル番号。ディスクシステム起動時に、この番号以下のファイルが読み込まれる
11 不明 5 不明
12 製造年月日 3 BCD表記(10進)の製造年月日。(年号部は昭和換算なので+1925で西暦)
13 不明 1 不明
14 不明 1 不明
15 書換機シリアル番号 2 書換機(ディスクライター)のシリアル番号
16 不明 1 不明
17 書換回数 1 BCD表記でディスクカードの書換え回数
18 実際のディスクサイド 1 実際のカードの面情報 $00=Side-A $01=Side-B
19 不明 1 不明
20 CRC 1 データCRC




ブロック名称 機能名称 ブロック長
ブロック02 QuickDisk ファイル数ブロック 2バイト
項番 項目名称 サイズ
(Byte)
位置 機能概要
1 ブロックコード 1 1 ブロック識別コード ($02=ファイル数ブロック) 固定
2 全体ファイル数 1 2 片面に収録されている全ファイルの個数




ブロック名称 機能名称 ブロック長
ブロック03 QuickDisk ファイルヘッダブロック 16バイト
項番 項目名称 サイズ
(Byte)
位置 機能概要
1 ブロックコード 1 1 ブロック識別コード ($03=ファイルヘッダヘッダブロック) 固定
2 シーケンシャルファイル番号 1 2 先頭から順番に振られた番号(DISK-BIOSでは未使用)
3 ロードナンバー 1 3 ディスクシステム起動時や、ディスクアクセス時にキーになる番号
4 ファイル名 6 ファイル名称(DISK-BIOSでは未使用)
5 ファイルロード先アドレス 2 ファイルをロードする先のアドレス
6 ファイルサイズ 2 ファイルサイズ
7 データ格納先 1 ファイルロード時のデータ格納先 0=メインメモリ 1,2=VRAM




ブロック名称 機能名称 ブロック長
ブロック04 QuickDisk ファイルデータブロック 1バイト〜(可変長)
項番 項目名称 サイズ
(Byte)
位置 機能概要
1 ブロックコード 1 1 ブロック識別コード ($04=ファイルデータブロック) 固定
2 ファイル実バイナリデータ 不定 2 ファイルの実データ(可変長 0バイト〜64,000バイト)





任天堂株式会社の登録商標です。本webサイト中のゲーム画像の著作権は全て開発ゲームメーカーへ帰属します。
Copyright(C) 2004 by Fantasy.