ディスクカードの種類
 ディスクシステムで使用するディスクカードの種類をご紹介致します。

 現在任天堂純正品として確認しているものは下記の5種類となっております。
これ以外の純正品が存在するといった情報や、その画像などをお持ちの方はぜひご提供をお願い致します。

 さらに、任天堂以外から出ていたニセブランドのカードや粗悪な作りのコピーメディアなどありましたら歴史的な物品ということで
こちらに展示させて頂きたいのでそちらも併せてお願い致します。

 管理人の記憶では、店頭で生で売っていたディスクは黄色ディスクで、初期の頃は500円前後で販売していたのですが
コピーが氾濫した後期の頃なると2,000円前後に価格が跳ね上がり、安易に買ってもらえなくなりました。
当時小学生でしたので曖昧な記憶ですがこの辺りを裏付ける資料や情報をお持ちの方はいらっしゃいませんか?
情報お待ちしております。

 また、ディスクカード中央のドライブのカムとディスクがかみ合う、ハブ部分の色が、初期のものは真っ白だったのに対し、
後期のディスクカードはうっすら灰色がかった色に変わっています。
ディスクカードハブ色の違い
白色 灰色
任天堂純正ディスク 5枚+番外編2枚
黄色ディスク
 ディスクシステムで発売されたゲームタイトルのほとんどがこの黄色ディスクで供給され、もっとも
製造枚数が多い。流通枚数も相当なもので必ず一度はお目にかかっているはずです。
磁気フィルムが剥き出しの構造なのでキズやホコリの影響を受けやすく、扱いに注意しなければ
ただちに読み込み不良を起こす問題児。ディスクを保護する「カード保護ジャケット」が付属する。
黄色というよりは「オレンジ色」に近い色をしている。ゲームが入っていない生状態のディスクもある。
青色ディスク(ディスクファクス対応)
 プレイヤーのスコアを任天堂へ応募できるディスクファクスに対応したディスク。
シャッターがついているので黄色ディスクに比べてキズやホコリに強い構造になっている。
この青色ディスクにはすべてのディスクシステムのゲームが書き換え可能だが、青色ディスク対応
のゲームを黄色ディスクに書き込むことはできない。(ハード的な制約ではなく倫理的な理由)
シャッターがついているため、黄色ディスクに付属する「カード保護ジャケット」は付属しない。
ゴールドディスク(キャンペーンプレゼント用)
 ゴルフJAPANコースと、USコースの入賞者または参加者の一部に景品として無償で配布された
非売品ディスク。内容はオリジナルのゴルフJAPANのコースかUSコースが入っているが、ディスク
システムのすべてのゲームに書き換えが可能で、色以外は青色ディスクと同じ扱いとなっている。
およそ6,000枚程度しか流通していないため、中古市場でもプレミア価格がついており、最低でも
3万円の値がつく。ディスくんのハードケースに格納され配布された。マニアなら手に入れたい一品。
ピンクディスク(ディスクカード検品用プログラム FMCカードチェッカー)
 ディスクカードを店頭で書き換えした際に、正しく書き換えができたかどうかの確認と、
持ち込まれたディスクカードが破損していないかをチェックするツール。もちろん非売品で一部の
販売店にのみ配布された。操作は簡単で指示に従ってディスクを入れ替えしていくとゲームID、
エラーならばエラー番号を出して大きな○×表示が出るので非常にわかりやすい。
この世に何枚存在するか、入手可能なのか等一切の情報は不明。情報求む。
ホワイトディスク(開発用ディスクカード)
 ソフトハウスがゲームを開発する際に使用する開発用ディスクカード。ゴールドディスクと同じく
こちらもプレミア度が高い。ディスクカードとしても価値が高いが、内容には未発売のゲームや
デバッグ中のゲームがある可能性が高く、そちらも見逃せない。
ラベルに、シリーズ物の管理用に便利なボリューム丸つけ欄付きの親切さも。
研究用に本ディスクを譲っていただける方、お待ちしております。
番外編 ディスクドライブ輸送用保護シート
 ディスクシステムの工場出荷時にドライブに挿入されている輸送用ヘッド保護シート。
厚みが2mmほどあり、ドライブにセットすると下部の赤い注意書きが見えるようになる。
ディスクシステムの中古品を購入する際、このシートがついているとなんとなく得をした思いが
できる不思議なアイテム。
管理人は幼少のころ、このシートがドライブの奥に入ってしまい大騒ぎをした経験を持つ。
ツインファミコンに付属しているかは調査不足のため判明せず。情報求む。
番外編 ディスクドライブ輸送用保護シート(ツインファミコンバージョン)
 ツインファミコンの工場出荷時にドライブに挿入されている輸送用ヘッド保護シート。
ディスクシステムに添付されている保護シートとの違いは、全体的に素材の色が青っぽいのと
注意書きに書いてある内容が若干違うようです。


(2006/08 写真・情報提供:クッキー様)
任天堂純正ディスク 6枚 (名称は勝手に命名)
NINエENDDディスク
 パッと見は青色ディスクですが何か雰囲気が変です。
本物の青色ディスクと比較すると2箇所大きく違う部分があるのがわかります。
違いを見つけてみてください。さらに、このディスクは工作精度が低く粗悪で、プラ形成時のバリ
目立ちます。これは純正品には全く見られませんので、改めて日本製品の技術力の高さを感じる
ことができます。
上部凹み青色ディスク
 上部の凹みが特徴的な青色ディスクです。
その奇抜なデザインさ上、ディスクシステム挿入時はドライブの相性により少々引っかかりがあります。
特に引っかかり現象は取り出し時に顕著に表れ、指で少し押してあげないと出てこない問題児。



穴開きグリーンディスク
 色以外に特に特徴がないグリーンディスクです。
ハッキリいいましてこのコメント欄を埋めるのが大変で困っています(汗)
強いて言う特徴としてはハブの色がなんともいえない半透明っぽい灰色のプラスチックということでしょうか。
他のハブに比べて見るからに強度が低そうです。


ハブが黄色い凹凸なしディスク
 やはり中央部のハブの色が目に付きます。黄色いです。
後は通常の社外品ディスクといったところです。特に特徴はありません。




オーソドックス凹凸なしディスク
 思い切って、Nintendoの刻印を削ってしまって向こう側が見えてしまっているディスクです。
社外品のディスクの中では結構お目見えする、ある意味「もっともメジャーな社外ディスク」と言えるでしょう。
いつも裸ディスクで入手するので出元がわかりません。どこから発売されていたものなのでしょうか?



SHARP純正クイックディスク+ディスクワッカー
 SHARP製のMZシリーズパソコンに採用されていたクイックディスクへ、ディスクシステムでも使えるようにと
金属製の「ワッカ」をつけたもの。
当時はこれが大流行してファミコンユーザがこぞってこのディスクを購入したため、MZパソコンを所有している
ユーザが購入できずに問題が起きた。SHARP純正ということで品質は申し分なしで、それでいて任天堂純正品
よりも価格が安いと好評だった。
は任天堂株式会社の登録商標です。
本webサイト中のゲーム画像の著作権は全て開発ゲームメーカーへ帰属します。
Copyright(C) 2004 by Fantasy.