伝統工法と在来工法


白川郷 の合掌造りの集落は世界遺産です.
昔の日本家屋はみんなこんな感じでしたでしょう.
つい100年前までは家づくりに必要な職種は
「棟梁」「大工」「左官」「石工」「屋根職人」「畳職人」くらい.
当然、「建築士」「板金工」「塗装工」「建具工」なんてまだ居ません.

建物の大きさや向きなどは多少違えど、大体同じような作りです.
この家の形に落ち着くまで数百年という試行錯誤があったはずで
この気候風土に合う、最終的な結論がこの伝統工法の造り方の結論です.

昭和25年に建築基準法が改定され
「土台はコンクリート製の基礎に緊結しなさい」と決まりました.
これが現代まで続く「軸組在来工法」の始まりです.

では伝統工法と在来工法の決定的な違いとは
極論ですが
免震構造(伝統工法)と耐震構造(在来工法)の違いです.

伝統工法は締め固めた地面に石を置き、その上に柱を建てます.
壁は柱と柱を通し貫で繋ぎ、竹小舞に土壁を塗る.
地震等の外力が加わった場合、壁は土壁が壊れることで外力を
吸収し、木組だけで固められた構造体はしなり、強い外力が加わって
柱が石から外れ傾いたとしても構造体は壊れることはありません.
※紙の真ん中に10円玉を置いて紙を左右に揺すってみてください
 10円玉は慣性の法則でほぼ同じ位置にいるはずです.これが免震構造です.

一方の在来工法は地面とガッチリ一体となった基礎に構造体が
緊結されていますから地震等の外力の100が構造体に100そのまま伝わります.
外力に対し、抵抗する耐力壁と呼ばれる壁には筋交いや面材を使い、
金物で補強します.伝統工法からの木組の技術は多少は継承します.
色々な手法で耐力壁を作りますから柱や梁といった構造体は
伝統工法ほど太い材を使いません.

木は外力を受けても、しなり、曲がり、力を逃がす.そんな柔な使い方をすることが
伝統工法なのだと私は思います.
しなり、曲がっても木は破断しない限り元の形に戻ります.
鉄骨は曲がれば曲がったまま、コンクリートは破断すれば脆く崩れます.
木=柔 鉄、コンクリート=剛 であることがおわかりになりますでしょうか?

現在、100%伝統工法の住宅を造るのは建築基準法上難しいですし、
それを望むユーザーもそうはいないでしょう.
それを望むユーザーが現れたならば
伝統工法+断熱施工+耐力壁など現代のライフスタイルに合わせた
やり方をお勧めします.


戻る


←TOPに戻る


Copyright(C)原建築Allrightreserved【無断複写・転載等を禁じます】